看護師はいつも悩んでいる
患者トラブル

精神科開放病棟で患者に殴られた理由。

精神科の開放病棟で働き始めてから日が浅かった時のトラブルになります。
比較的精神疾患の落ち着いてる患者さんだったのですが・・・、対応を間違えてしまいました。

解放病棟は閉鎖病棟とは違い、患者さんは、ナースステーションに声をかければ外出や外泊が可能です。
また基本的に自分のお金であれば、外で食事しても良いし、何を買ってきても大丈夫なんです。
そんな自由な行動ができる患者さんだからこそなのか、、事件は起こってしまいました。

Aさんは精神疾患のほかに糖尿病があり、そのために内科に通院して糖尿病の治療もしていました。
糖尿病の薬は精神科の病棟で管理していました。
糖尿病の薬は食後に飲むことになっているので、それくらいの時間に薬を持っていきました。
しかしAさんは食事に手をつけておらず「今日はご飯食べたくない」と言い出しました。
私が「どうして?気分でも悪い?」と聞くと「違う、なんでもない、とにかく食べたくないんだ」と言いました。

Aさんは普段からワガママなところがある患者でした。
「そんな時は少しきつめに言っても大丈夫だから」と、先輩看護師にアドバイスされていました。
私は少しきつめな口調で「早く食事してください。食事しないといつもの糖尿病の薬がのめませんよ!」と言いました。
とたんにAさんの顔つきが急に変わって、私はヤバイ!と思いましたが、間に合わず、Aさんに顔を殴られてしまいました。
私は、鼻血が出でいましたが、アドレナリンが出でいたのか、さほど痛みも感じませんでした。
ナースコールを押して応援を要請し、慌ててやってきた男性看護師にAさんは取り押さえられました。
Aさんは注射されて、その後は落ち着きましたが、その日のうちに閉鎖病棟に移動しました。

落ち着いたAさんから医師が話を聞くと、外出時にご飯やおやつを食べ過ぎてしまい、病院食を食べたくなっかたそうです。
それを私に言えなくて、早く食べろと急かせれたので、腹が立ったと言っていました。
完全に私の聞き方が悪かったなと反省しました。

その後Aさんはきちんと私に殴ったことを謝罪してくれました。
開放病棟とは言え、患者さんの対応をもっと気をつけなければと思いました。