MENU

特別病棟での結婚式 – 病気と向き合う家族の愛の物語

目次

悪性疾患で入院している夫婦

特別病棟に入院中のとあるご夫婦は、悪性疾患と闘っていました。
ご夫妻には一人息子さんがいらっしゃり、ときどき仕事の帰りに病室を訪れ両親を支えていました。

ある日、息子さんは新しく両親の担当になった看護師に出会い、彼女に一目惚れしました。
両親も息子の気持ちを理解し、その看護師に「自分たちの息子と付き合ってもらえないか」と話しました。
やがて二人は交際をすることになり、二人の愛は深まり、やがて結婚を決意しました。

夫婦の病状の変化


息子さんと看護師の交際が始まり、しばらくした頃にご主人の方は寛解状態になり退院されましたが、奥さんの方は少しずつ状態が悪くなっていきました。

そのような状態になったため、ご主人は息子さんに早く結婚してもらい「奥さんを安心させてほしい」と願われ、それに二人は応じ結婚をすることを決めました。

婚約を交わしたあとも、奥さんの方はどんどん体調が悪くなりました。
当初は花嫁の友人の多くがその病棟の看護師で、結婚式の参列者としても出席するため、いざとなったら奥さんのサポートをして、奥さんには外出許可で病室から出席してもらう、ということにしていました。

ですが奥さんの状態がすぐれずそれも無理となり、どうしたものか検討しました。

花嫁の支度を病室で

奥さんの病状は悪化の一途をたどっており、結婚式に参加することができなくなってしまいました。
しかし師長さんのはからいもあり花嫁さんのご両親のご理解もあって、奥さんの病室についている和室で花嫁の支度をして病室から結婚式会場にいくということにしました。

結婚式当日は奥さんは起き上がることができないほどの悪い状態でしたが、花嫁さんの支度を見届けることができました。息子さんと看護師は奥さんの前で誓いを立て、感謝の気持ちを伝えました。その様子を見守るご主人の姿がありました。

夫婦の旅立ち

奥さんはそれからわずか1週間後に旅立ちました。
ご主人もその後再入院をされ、あれよあれよという間に状態が悪くなり奥さんの後を追うように旅立っていかれました。

彼らの愛は病気や死にも打ち勝ちました。息子さん夫婦の結婚式は病室の中で行われましたが、その日は奥さんにとっても、息子さんにとっても、看護師にとっても、決して忘れられない特別な日となりました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる